2018/11/15

【あなたはルール守れてる?】駅・空港等での待ち伏せ行為は禁止です!

先日、【ジャニーズファンの在り方】好きなアイドルに迷惑かけてませんか?という記事で、ジャニーズファンとタレントの距離感についてお伝えしましたが、
今回はジャニーズファンの暴走によって、タレント本人だけでなく、一般人にまで迷惑をかけたお話です。

King&Princeは華々しくメジャーデビューし、記念すべきファーストコンサートツアーも大成功しましたが、その裏で大変残念な事件も起こっていました。
今もっとも勢いに乗るグループだからこその悲劇ともいえるかもしれません。
今回はその状況を振り返ってみましょう。

 

新幹線遅延

事件がおきたのは、2018年9月22日、キンプリ宮城公演のあと。
キンプリメンバーが乗車した新幹線の車両に大勢のファンが張り付いて、新幹線を数分間遅延させてしまったのです。
駅のホームに大量のファンが入ってきたため、一般の人が動けなくなり、新幹線に乗り込めないという被害があった上に、新幹線の窓から、車内のキンプリメンバーを撮影するファンが多すぎて、新幹線は動けなくなってしまいました。

駅員が注意しても、ファンはまったく無視。
SNS上に「平野を盗撮した新幹線画像が拡散された」などという情報もあることから、半狂乱で窓から中をのぞき、カメラを向けるファンが多かったことがわかります。
結果、新幹線は7分も遅延してしまい、多くの一般の乗客に多大なる迷惑をかけたのですが・・・

その場にいたファンは、とんでもないツイートをしていました!

「目立った行動したから、きんぷりちゃんに顔覚えられちゃったかなー??たったの7分で怒ってるみんな、頭大丈夫?」

このツイートでますます騒ぎは炎上し、一部では「キンプリファンは非常識」というレッテルまで貼られてしまいました。
悪いファンのほうが圧倒的に少ないのに、ファンの総数が多すぎるからこそ、非常識なファンも目立ってしまうという悲しい現状です。
しかも東海道新幹線は自然災害などによる遅延も含めて平均遅延時間24秒とのこと。
その状況をふまえると、7分の重さがよくわかりますよね。

 

メンバーが謝罪

新幹線でキンプリメンバーと同じ車両だった一般客の話によると、
「ファンが窓からのぞいたり、窓を叩いたりでひどかった。発車が少しおくれて、駅員さんが車内をまわったときに、本人たちが謝ってましたよ。なにも悪くないのにかわいそう」
とのこと。

ジャニーズファンだけではなく、一般の人たちにもどんどん人気を広めていきたいであろうこの時期に、直接本人たちの口から、一般の人に対して謝罪の言葉を口にするなんて、本当に残念なことです。
そのときのメンバーの気持ちを考えると、つらいです。

 

事務所から「大切なお願い」

この騒動を受けて、ジャニーズ事務所の公式サイトでは「大切なお願い」が掲載され、ファンクラブ会員にはメールも届きました。

「タレントが移動する際の駅や空港などで過激な追跡行為は今後、絶対におやめください」というものです。

本当に、タレントに付きまとう行為は危険ですし、周囲へ多大な迷惑をかけることになります。
それはタレントにとって非常に困ることです。

たまたま周りにそのような過激な行為をする人がいて、自分も加わりたくなってしまったとしても、そこは冷静に判断してください。
たとえば自分が被害者だったら、どう思うでしょう。
キンプリのコンサートが始まる直前に、足止めされて身動きがとれなくなってしまったり、駅のホームに人があふれかえって立ち往生してしまったら・・・

それほど残念なことはないですよね。
みなさんそれぞれに仕事や緊急事態など、いろいろな問題を抱えているのです。

被害をこうむった人たちは、タレント本人に対してもマイナスイメージを持つでしょう。
それはタレントを応援することとは相反する結果になってしまうのです。
だから、タレントを応援する気持ちはルールにのっとって、まっすぐに届けるようにしましょうね。

PR