2018/11/14

【ジャニーズファンの在り方】好きなアイドルに迷惑かけてませんか?

この記事は1年以上前に書かれたもので、プロフィールやニュース記事については内容が古い可能性があります。

アイドルを応援するファンのマナーに対しては、常々問題になっていることです。
そして最近、ファンに向かって直接メッセージを送るタレントが増えてきました。
それだけ事態は深刻になったということでしょう。
今回は特に目立つ場所で、しっかりとアナウンスしている2名、薮宏太くんと大倉忠義くんの言葉を紹介しましょう。

 

薮くんの挨拶

2018年11月11日に行われたHey!Say!JUMPライブ長野公演の、Wアンコール前のMCが話題になっています。
この日はアリーナツアーの最終日。
Wアンコールに向けて盛り上がっている中、最年長の薮宏太くんがHey!Say!JUMPを代表して、ファンに向かってマナーについてのお願いをしたのです。

薮くんは「Hey!Say!JUMP初の4大ドームツアーを行う前に、みんなにお願いがある」という感じで話し始めました。

「自分たちはライブ会場でみんなに会える時間が一番好きです。
わくわくしながら各土地に行きます。
でも最近は、マナーの悪い人たちが目立ってきました。
それはほんの一部の人だし、私は関係ないって思う人もいると思う。
でもマナーが悪い人もみんな、最初は関係ないって思っていたはず。
だからみんなで向き合ってほしい」

薮くんは「ジャニーズファンのみんな」に向けて、重みのあるメッセージを放ったのです。
途中で何度も「なんだろうな……」と言葉を選びながら、丁寧に話し続けました。

「一般の人に迷惑がかかると、もう僕たちはその会場に行けなくなります。
今日も新幹線は使わないので、駅に行っても誰もいません。
電車を使う人だけ、駅に行ってね」

そのあと八乙女くんから「昨日はバスで帰って体が痛い」という話もありました。
新幹線に比べてバス移動だと長時間になり、ドームコンサートに向けてのリハーサルにも影響が及んでしまいます。
これは本当に重大な問題ですよね。

 

大倉くんブログ

2018年11月8日には関ジャニ∞の大倉くんが、グループ連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」の中で、「ルールを守らない方達について」と、つづっています。

番組観覧の募集をしている収録などは、ファンにスケジュールがわかってしまっています。
だから駅などに大勢のファンが追いかけてきて、一般の方々にも迷惑をかけてしまっているそうです。
そして大倉くんは「精神的に辛いです」「このまま耐え続けられるのだろうか」と吐露しているのです。

ストーカー行為もあるようで、無視することが最大の抵抗かもしれないけど、言わずにはいられない、と続けています。
「ストレス」「寿命が縮まっている」「(番組協力の収録の)前日はすごく憂鬱」「怖い」
そういった言葉が次々と並び、最後は「そろそろ限界」という嘆きで締めくくっているのです。

私は正直、読んでいて涙が出てきました。

 

マナーについて

当たり前のことですが、マナー違反をすると迷惑がかかるのは、一般の人だけではありません。
大好きなタレント本人の精神状態にまで、被害が及ぶことも少なくないのです。

ただでさえ、大勢のファンの前に立ち、常に気を張っていなければいけない仕事なのに、ステージを降りたあとも、オフのときもストーカーされるなんて……想像もできないほどの苦痛であると思います。

タレントたちが普段からどれだけがんばっているか、ファンなら絶対に理解しているはずです。
どのグループも、どのタレントも、スターであり続けるための努力はハンパなく、犠牲にしていることも多いはず。

マナー違反をするということは、彼らの努力の邪魔をすることにもなるし、ファンとタレントの力で手に入れた成功を、つぶすことにもなりかねません。
だからマナー違反を犯してしまいそうになったら、今一度自分の胸に手をあてて、タレントへの愛を再確認してみてください。
タレントを大切に思っているファンほど、マナーは良くなるはずですよ。

PR