2018/11/09

2018年11月9日公開「ういらぶ。」鑑賞レポ(ネタバレ含む)

King&Prince CDデビュー後、初の平野紫耀主演映画として、大変話題を呼んでいる「ういらぶ。」を観てきました。
原作は星森ゆきもによる大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-」で、なんとLINEマンガ少女部門で月間1位を記録したほどの人気作品です。
本当に、平野紫耀くんの魅力がぎゅーっと詰まった映画でした!

「ういらぶ。」とは?

まず初めにタイトルの確認。
このかわいらしいタイトルは、「初恋(ういらぶ)」と「WE LOVE(ういらぶ)」をかけた言葉になっています。

 

あらすじ

同じマンションに住む幼なじみたちのお話です。
見た目はクールでイケメン、クラスの女子にはモテまくりの凛が、優羽のこととなると、好きすぎて思いを伝えられないっていう超こじらせ男子で・・・そんな愛くるしいキャラクターを演じるのが、平野紫耀くんです。
そして凛に何を言われても、「ダメな自分を直そうとしてくれている」と解釈して、凛のことが大好きなのに、凛に自分はつりあわないと思ってしまっている超ネガティブ女子を演じるのが、桜井日奈子ちゃん。
子供のころからいろいろな思い出を共有してきて、大好きすぎて、どうしても「好き」の一言が言えない二人の「脱・幼なじみ」ラブが、丁寧に描かれています。
笑ったり泣いたり、きゅんきゅんしまっくたりしちゃいますよ。

 

みどころ

ファーストシーンからとっても印象的です。
心臓がバクバクする音と荒い吐息から始まって、優羽が凛のシャツに触れていて。
え、いきなり、そーゆーシーン?ってドキドキしちゃっていたら。

「お前ってマジ、ゴミな。シャツのボタンひとつしめられねーとか」
凛はドSな声で怒鳴りちらし、ベランダから隣の自分の家に戻るのです。
そして自分のベッドで、
「ゆうぅ~~~~~~~、好きすぎて、死ぬうぅ~~~~~~~~~」
と悶絶。
映画開始から1分で、セクシーな平野くん、クールでかっこいい平野くん、ワイルドで男らしい平野くん、ビビリでかわいすぎる平野くんを、一気に楽しめちゃうんです。

「あいつのことが好きすぎる自分が怖ぇ……」
なんていう純粋すぎるセリフが、平野くんの透明感にめちゃくちゃ似合うし、
「あいつをいじめていいのは俺だけで、あいつを好きになってもいいのも俺だけなんだよ」
という名言まで、平野くんならではの魅力的な声で言いきってくれます。
映画館の音響で聞く平野くんの声は、本当に甘くて色っぽくて、すごい存在感でした。

壁ドンも、キスシーンも、ハグするシーンも、すべて完璧。絵になる美しさです。
また、あまり目立つシーンではないけれど、平野くんがフェンスを飛び越えるシーンがとっても華麗でした。
そして、ファンにとってすっごくうれしいことが……この映画、出演者が少ない! つまりほぼ全編にわたって、平野くんの出演シーンになっているのです。
だからかっこいい平野くんをずっと見続けることができちゃうんですよ。

 

監督や共演者の言葉

今まで数々の話題作を作ってきた佐藤祐市監督も、平野くんを絶賛しています。
「男子高校生のバカらしさというか、高校生ならではの恋愛観を、平野くんはうまく表現してくれました。女性がキュンとするのは間違いないし、男から見てもかわいらしいと思える」とのこと。

また共演者にも、平野くんは大人気です。
「平野さんはとにかくハッピーな人。自分よりも周りの人のことを気遣って、場を盛り上げてくれる人」(桜井日奈子)
「平野くんはみんなにいじられる愛されキャラ」(玉城ティナ)
「紫耀くんのことは本当に大好きです。同性から見ても魅力的な俳優さんです」(磯村勇人)
やはり平野くんは人望があるんですね!

主題歌は、King&Princeの「High On Love!」
CDで聴いているときはダンスナンバーでステキ!と思っていましたが、映画にもすごくよく似合う楽しくてかっこいい曲です。
ぜひキンプリファンには、主題歌までのすべてを、思いっきり楽しんでもらいたいです。

PR