2017/08/31

★とれたて関ジュース まとめ★2017年8月27日

この記事は1年以上前に書かれたもので、プロフィールやニュース記事については内容が古い可能性があります。

出演メンバー

  • 林真鳥
  • 朝田淳弥
  • 毛利柊和

もうすぐ誕生日の真鳥くん!そんな真鳥くんの好きなところ10個!

「真鳥くんの好きなところは、ダンスうまい、歌うまい、構成うまい、面白い、絡んでくれる、ダンスうまい」

「二回言った」

「え!二回言った?遊んでくれる、優しい、面白い」

「二回目やな」

「たまにジュース入れさせられる」

「いいとこちゃうやん。パシらされてるんやで」

「あと一個?」

「あと一個ですか?」

「わからん。二個くらい言うとけばいいんちゃう」

「えーっと、じゃあ、経験豊富、人脈広い」

「(笑)」

「めっちゃ友達多いじゃないですか。それめっちゃ憧れるんすよ僕。コミュ障なんで」

「マジ?そんな感じせぇへんけど」

「人見知りなんすよ僕」

「俺も俺も」

「じゃあ、つぎ淳弥。俺のいいとこ10個」

「食べてからでいい?(真鳥くんのバースデイケーキを食べてる最中)」

「一回止めたらフォーク」

「むっちゃうまい」

「じゃあ、つぎ僕。いただきまーす」

「フォーク置け一回」

「じゃあ、結構ガチで言うで?」

「いいよ」

「実は結構優しい」

「ガチで言うって言うててそれなんや?(笑)普通やな」

「なんか子供やねんけど、メリハリがしっかりしてる。…まだ褒めなあかん?」

「まだ8個ある」

「鼻がでかい」

「褒めてんのかな、それは!」

「いいところやん。個性として」

「立派な鼻ですよ」

「(笑)歯が綺麗」

「あー矯正しましたからね」

「同い年って言ってもあんまりわからない」

「どういうこと?若く見えるってこと?」

「そう」

「日本語乏しいなおまえ」

「えーっとまとくんの好きなところ…」

「あと5個」

「頼りになる」

「おまえが言うなよ!(笑)」

「(笑)6個目取られた」

「もうあと4個でいいっすわ」

「自分が困ってたらここはこうやろ?ってダンスのアドバイスとか、構成もそうやし。ちゃんと先輩としての部分がある」

「あと3つ」

「もうええわ。お腹いっぱいやろ?」

「無理無理無理」

「無理(笑)」

「一緒におって楽しい」

「ブルーベリー食べよ」

「なぁ聞いてぇや」

「(笑)」

「全然聞いてない(笑)」

「わかった!これからもずっと一緒にやっていきたい」

「お!あと一個やで。それ最後にしとくべきやったな」

「あー」

「順番ミス」

「えーっと…一緒の夢を目指していきたい」

「おー!いいこと言ったね」

「めっちゃかっこいい」

「歌書けそうやな」

「でも、ほんまにまとくんには結構お世話になってるかな」

「何でもできるもんな、あの人は」

「あの人って自分やん」

「(笑)」

「あと何やっけ?俺からふたりの一番好きなところ?顔綺麗、アクロバットすごい(早口)」

「え、俺なんて言った?」

「顔綺麗」

「え、あ、まぁ」

「一番好きなところやろ?淳弥は」

「ガチで言って!俺もガチで答えたもん」

「えっとなぁ、おまえの日本語下手なところが好き」

「逆に?」

「そうそう。おもしろくない?おもしろいんやけど、こいつ本番とかでは出ぇへんタイプやん」

「今日なんか結構出てるほうちゃうん」

「いや、あんま出てない方やな」

「プライベートで出すぎやねん」

「プライベートでめっちゃ出る。あれおもろいからなー」

「あれは出すぎやねん」

「ほんまに。語学学校言った方がいい、日本語の」

「大学行っとるわ」

「(笑)まじで。日本語から学んだ方がいい。フランス語とかやってる場合じゃない」

「(笑)」

「ボンジュール」

「まずは母国から」

「はい。毛利は?」

「毛利はやっぱアクロバットちゃう?俺、できひんからさ、アクロバットとかブレイクダンスとか。でも、すげぇ好きやから。教えてほしい」

「尊敬する部分やな」

「だから、ちゃんと学んで立派なブレイクダンサーになってください」

「(笑)」

「目指すところが違うんちゃう?」

「ありがとうございます」

「毛利はなあ、ほんまに関西で一番できるやん?関東ともはれるし。だからジャニーズイチを目指してほしい」

「はい」

「で、俺にいろいろ教えてほしい、また」

「(笑)はい、わかりました」

「お願いします」

挑戦してみたいこと

「俺はなあ、歌やなー」

「俺はなあ、歌やなー」

「(笑)」

「歌う場がないもんなー」

「そやなー」

「だから、仕事の場を広げて自分の歌を披露できる場がほしいなと思います」

「はい」

「ミュージカルとか出たいよな。淳弥で言ったら銀二貫とか出てたやん?」

「そうなんですよね。この前、わては定吉だすってやらせてもらってたんですよ」

「僕見れてないんですけどね」

「あーアメリカいたもんね」

「僕も行けてないんすよ」

「来てくれてへん。まぁ、ほんまにいい経験になりましたけどね、あれは」

「やろうな」

「事務所の違う演者さんと、違う経験をもらったというか」

「ジャニーズだけの舞台ちゃうからね」

「千秋楽の拍手が今でも忘れられへん」

「うそ」

「あんな嬉しい拍手もらったん初めてやってくらいすごかった」

「へぇー!いいこと言ったこいつ」

「(笑)今後に繋げていきたいなあって思った」

「うらやましもん、そういう個人の仕事」

「個々としてもやけど、ファンキー8も、非公式やけど公式になっていきたいなあって」

「なっていきたい!それはほんまにね!」

「8人で曲とかもやりたいし」

「そうそうそう」

「俺も入れてファンキー9で」

「(笑)増えてもおた。でも、おたよりでもファンキーの名前出してくれたり、Tシャツ作ってくれたとか」

「へぇー!すげぇ」

「ほんまに頑張りましょ。絶対公式なりましょ」

「なりたいねー!」

「絶対単独やりましょ、いつか」

「それすごい」

「やりたいねー。毛利は?」

「僕はミュージカルとか。なんかもうちょっと気楽に入れるやつがやってみたいですね」

「あーちっちゃいとこでもいいからやらしてほしいよな」

PR